>
とにかくあきらめずに続けることが大事

とにかくあきらめずに続けることが大事

痩せる為にダイエットに励むときに多くの人が挫折を味わっていると思います。
とにかく頑張って「痩せるんだぁ」と高い意識でダイエットしていると
順調に少しずつ痩せていきますね。
ここまでは誰しもがダイエットの効果を実感できているのではないでしょうか?

しかし、順調にダイエットが進んでいると思っていたのに、ある時を境に体重の減少が
緩やかになかったり、もしくは体重が落ちなくなった経験はありませんか?

所謂、ダイエットの停滞期と言われている時期です。

この停滞期に入らず順調に痩せることができていれば良いのですが、
停滞期になってしまうと、なかなか痩せることが難しいのです。

どうしてダイエット停滞期に入ってしまったのか?

ダイエット停滞期になるのには理由があります。
まずは停滞期の原因を知っておきましょう。

無理なダイエットをしてませんか?例えば、食べる量を急激に落としてみたりなど、
体重をすぐに落とそうとして無理なダイエットをすると停滞期になります。

どうして停滞期になるかというと、身体が生命危機を感じるからです。
どういう事か説明すると、急激に体重を落とそうとしてエネルギー不足になると
身体が勝手に少ないエネルギーで身体を保って、エネルギー消費を抑えようとする
機能が働くんです。

その為、ダイエットのために摂取エネルギーを少なくしても
基礎代謝量が減った状態のため体重が減っていかないのです。

リバウンドする人が多い!

短期間のダイエットに成功してリバウンドした人見たことありませんか?
多くの方が順調にダイエットして体重を落としていたのに、停滞期に入ってしまい
ダイエットをあきらめてリバウンドしています。

ダイエットをあきらめ停滞期に以前の食事に戻してしまうとリバウンドしていまいます。
先ほど説明した停滞期になる機能をホメオスタシスと言うのですが、
ホメオスタシスはダイエットを止めたからと言ってすぐには元には戻りません。

何が言いたいかというと、停滞期に入っている場合、少ないエネルギーで身体を保ち、エネルギー消費を抑えている状態なので体重が停滞している訳です。という事は、
ダイエットの為に少なくした摂取エネルギー(食事)で体重が減らない状態なので、
ダイエットする前の食事に戻してしまうと、すぐに想像がつくと思いますが、
太ってしまいます。エネルギー消費が少ない状態が続くわけです。
最低1ヶ月くらいは続くと言われているので、
その期間は食事の制限をしないと太ってしまいます。

続けることが大事

まずは停滞期がどうしてくるのかが分かってもらえたと思いますが、停滞期がこないように
無理なダイエットをしないようにしなければいけません。

もし、停滞期がきてしまった場合は、すぐにあきらめてしまうと、
太ってしまうので、続けていく必要があります。
ただし、無理なダイエットを続けると身体によくないので、
ダイエットを始める前に生活に合わせて、
1日に必要な 摂取カロリーと1日に消費エネルギーをあらかじめ確認し、
その上でどれくらいエネルギーを摂取するかを決めていくと
無理せずにダイエットすることが可能です。

停滞期でダイエットをあきらめると太ってしまうと言いましたが、続けていくことで
そのうちまた痩せていくはずなのであきらめずに続けましょう。
当たり前ですが、カロリーだけに囚われてはいけません。
バランスのとれた食事は必要なので、その点は忘れずに!

綺麗に痩せる為の方法・コツ